ベトナム人が厳選した本当に人気のおすすめベトナム観光スポット 9選

ベトナム人技能実習生や留学生の来日人数の増加で、今や最も身近な東南アジアの国の一つとなったベトナム。そんなベトナム人技能実習生や留学生と職場などでコミュニケーションをとっていく中で、ベトナムという国に興味を持ち、旅行に行ってみたいな、なんて思ってる方も多いのではと思います。

各国の文化や風習の違いが技能実習生達を特徴付ける

それぞれの国には尊重すべき文化や風習があり、それを尊重できる寛容さや懐の大きさがあるかどうかで、いわゆる外国人との関わり合いも大きく変わってきます。日本の技能実習制度の土台がスタートしてから、はやくも20年が過ぎようとしています。(スタートは企業単独型での研修生の受け入れ)紆余曲折を経て、今では技能実習生3号として再来日すれば、最長5年間の技能実習生活を日本で送れるようになりました。

ベトナム 貧困と現実

近年、目覚ましい経済発展を遂げているベトナム。富裕層の増加で、高級志向のサービスや富裕層向け不動産開発など、まさに勢いに乗るアジアの新興国といった国です。

無駄な会議

みなさんは会議に出席するのは苦手ですか?私は”生きた会議”なら喜んで発言しますが、”無駄な会議”なら死んだふりの一択です。大手や中堅企業くらいになると、定例の月次会議や、生産会議・品質会議など、会議好きな企業が増えてきます。

ベトナム旅行の費用を安くするための3つのポイント

東南アジアの人気観光国として定着しているベトナム。特にダナン・ホイアン・フエの中部地域の観光地としての人気上昇がベトナム観光業全体の売上向上に大きく貢献しました。また定番スポットのハノイ・ホーチミンに加え、サパ・ハロン湾・チャンアン・タムコック・ニャチャン・ムイネー・フーコックとベトナム主要観光スポットは数多いです。

Made In Japanを支えてきた職人と品質管理

1980年代ごろから世界を席巻し始めたMade in Japan ジャパンクオリティ。大規模な家電メーカーや重工業・建機・半導体メーカーは、その品質の高さと安定性・規模の経済を利用し、世界の製造業市場での存在感を増していき、トップシェアを勝ち取った分野も数多くあります。

志を惚れ込まれる男になろう

いつの時代でも、たった一人の人間が時代の変革やうねりを起こした事などありません。歴史上の偉人や革命家には必ず付き従う人達がいて、その人達は偉人や革命家の志に惚れ込んでいたのでしょう。

ベトナム女性のキャリア意識

比較的東南アジア圏では女性の社会進出が進んでいると言われるベトナム。ですが、まだまだ女性の管理職への登用は進んでおらず、またベトナム女性もバリバリにキャリアを積みたいなんて人はまだ少数派です。

友人の大切さ

人間は一人で生きてるものではないので、どんな人でも、人と何らかの関わり合いを持ちながら生きています。その関わり合いの中で、最も長く深く関わり合うのは家族です。

ベトナム 軒先の哀愁と喜び

ベトナムのおじさん・おばさん方は軒先で座りながら、通行く人や街そのものを眺めます。まあ仕事を引退してやることもあまりないので、軒先でのんびりしながら近所の人達と世間話なんかしてるんでしょう。そんな感じでベトナムを訪れた時も軒先のおじさん・おばさん方を見ていると楽な生活でいいななんて思ってました。

東アジアに広がるベトナムのネットワーク

ベトナム人技能実習生や留学生が日本で増加している事は当ブログでも良くお伝えしています。それに伴い日本・ベトナム双方にとってのプラス面・マイナス面の影響が出てきています。こういった現状は日本だけでなく、ベトナム人実習生の実習先の国々(韓国・台湾など)でも同様です。

ベトナムで日本・ベトナム語の通訳を気軽に頼みたいなら オンライン通訳アプリJelly Talk

ベトナムへの旅行や駐在などで、ベトナムへ渡航する人が増えている日本。しかし、現地ベトナム語は発音が難しく、また発音によって言語の意味を使い分ける特徴があるので、なかなか外国人の習得が難しい言語です。ですが、旅行先やビジネスシーンでどうしても正確に意図を伝えたい場面は出てきます。急病やトラブル・ローカルの人気店を探すなど様々な場面で、現地の人との正確なコミュミケーションが必要となりますね。