ベトナムで福祉関連ビジネスは伸びるか

平均年齢が若く、活気に溢れている印象のベトナムですが、意外に高齢化も同時に進んでおり、介護関連サービスへの需要は年々高まっている傾向にあります。ですが、当然のごとく日本のような介護施設数が充実している訳はなく、デイサービスや訪問介護を提供する民間業者もまだまだ不足しています。そんなベトナム福祉関連ビジネスに関して将来性や課題を考察していきます。

企業の危機管理能力の重要性

組織で働く人は少なからず時間に制約を受けながら仕事をしています。近代の生産システムや要素技術の大幅な向上による生産性の向上により、企業は短納期である事を求められ、供給側の企業内の組織で実際に働く人達は、短納期と労働時間の制約の中で四苦八苦している人も多いはず。

ベトナム人技能実習生は受け入れ企業側には評価が高い

失踪する人が多いというニュースや、窃盗に手を染めたといったニュースで、一般社会に少し悪いイメージが出来つつもあるベトナム人。技能実習生として来日するも、受け入れ企業の技能実習生への待遇があまりにも悪すぎて、失踪に至っているというケースも多い中でやもすれば身勝手に失踪しているかのような報道も出てきていて、あまりにも実際の実習現場を反映していない報道で危機感を覚える事も最近多いです。

ベトナム 環境汚染が社会問題化

目覚ましい勢いで発展を続ける東南アジア諸国の中でも、最近何かと話題になっているベトナム。経済発展は国力と富を国民に与え、機能性の高い電化製品や高級マンション・不動産、高級外車など経済発展が国民生活に与えるものは様々です。良いものには目が行きがちで、悪いものには蓋をしてしまうのが人間の常ですが、その蓋では抑えきれないベトナムの深刻な社会問題となっているのが、環境汚染です。

組織内での危険な責任感

社会人・組織人たるもの与えられた仕事は、納期通りに要求された品質・コストでやり切るのが当たり前。いかにも当然の事のようで、これらをこなしていく事が、会社や組織に対する責任のように思われています。なので、組織に属する一般社員は上述のように与えられた責任ある仕事を、なんとかこなそうと必死に仕事をしていきます。それが自分のやりたい事かどうか、という事を考える思考回路を組織に取り除かれた状態で…。

ハノイの人気ローカル食堂 Bún ốc Bà Thoa(トアおばさんのタニシ入りブン)

ベトナム人のソウルフードといっても良いブン。実はフォーよりもブン派という人の方が多いぐらい、ベトナム人にとって欠かせない料理です。特に首都ハノイ市には数多くのフォーやブンのローカル食堂があり、人それぞれいきつけのお気に入りローカル店が一つや二つあるものです。

ベトナムでの家賃収入生活は非常に魅力的

ベトナムにおいて定職にも就かず、かといって何か事業を起こして運営している訳でもなく、株や債券に投資している訳でもない、いわゆる何もしていないおじさんって結構多いんですよ。まあそういったおじさんも、米作りの時期には地方や農村部なら農業(ほとんど稲作)に従事しているのですが。

ベトナム女性との国際結婚で学んだ5つの事

私は2012年にベトナム人女性と国際結婚して6年が過ぎ、いろんな事がありましたが、様々な事を学べ、またベトナムにも何十回も行く事ができ、ベトナムの様々な文化や習慣・美しい風景、ベトナムの人々との触れ合いを体験する事ができました。そんなベトナム人女性との国際結婚を通じて、学んだ事、学ばされた事を纏めて、現在ベトナム女性の恋人がいる方や、これからベトナム女性との新婚生活が始まるといった方々の参考に少しでもなればと思います。

ベトナム 人気歌手紹介② ミー・タム Mỹ Tâm

ベトナム 人気歌手紹介第2弾はベトナム・アメリカ双方で活躍するミー・タムをご紹介。ミー・タムも前回ご紹介したホー・ゴック・ハーと同等かそれ以上に有名な人気歌手で、その活躍はベトナムだけに収まらず、アジアやアメリカでも注目されているベトナムトップ歌手です。