日本の名所 大阪城公園梅林・桃園

日本の名所 大阪城公園梅林・桃園

 

日本の綺麗な花といえば、みなさん桜を思い浮かべると思いますが、べトナムと同様に日本でも、梅や桃が綺麗に咲き誇ります。

特に関西の方では大阪城公園の梅林と桃園が有名で、梅が咲き始める2月初旬頃から桃が満開を迎える4月初旬頃まで関西の人々を楽しませてくれます。

そんな大阪城公園の梅林・桃園の綺麗な風景をご紹介します。

 

 


・浪花の心意気で誕生した見事な梅林


大阪城公園の梅林は古くから存在するのかと思われがちですが、実はその歴史は新しく、1972年10月に大阪府立北野高校の同窓会(六陵同窓会)より大阪市に寄贈された22品種・880本の梅の木を元に大阪城公園内に新たに梅林が作られ、1974年3月に開園されたのが始まりです。

 

この梅林が今では100品種を超え、1270本もの梅林が観光客や地元民の癒しの場を提供してくれています。そう思うと、北野高校同窓会とその関係者の方々の心意気でこれほどの美しい大阪の自然財産が作り上げられた事は素晴らしいですよね。

  

 

私も毎年2月下旬にこの梅林を見に行くのですが、何度見ても素晴らしい風景で1大阪市民としてこれほど美しい梅林が大阪の地にあることを嬉しく思います。

  

是非一度はこの大阪城公園梅林へ足を運んでみてください。一見の価値有りですよ。

 

大阪城梅林へのアクセスはこちら

JR大阪環状線の大阪城公園駅で下車すると徒歩で15分ほどです。

梅の開花情報並びに駐車料金等はこちらの大阪城パークセンター公式ページよりご確認ください。入園料は無料です。

 


・色鮮やかな桃の花がお出迎え 大阪城桃園


1999年3月に開園し、こちらも梅林とともに観光客や地元民を魅了するスポットとして人気なのが大阪城桃園です。

12品種200本の桃の木が有り、早咲きのもので3月中旬〜遅咲きの品種では4月中旬までその美しい花を咲かせます。桃の魅力はなんと言ってもポンとはじけるような可愛らしい花ですよね。

  

桜の開花時期と重なるので、4月上旬頃に行けば桜と桃の共演を目の当たりにする事もできます。

 

桃園を訪れるなら桜の開花時期に合わせるのがおすすめです。桜と桃の共演はインスタ映えもしますしね。

 

大阪城公園の桃園へのアクセスはこちら

こちらはJR大阪城公園駅もしくは京橋駅どちらで下車しても徒歩で約25分ほどです。

 


・大阪城公園は他にも綺麗なスポット満載


大阪城公園はもちろん桜もとても綺麗で毎年多くの人々がお花見に訪れます。

そして桜以外にも大阪城をバックにしたロケーションはどれも素晴らしいですよ。

  

 

また公園内は緑の木々が多く、都会のど真ん中とは思えない澄んだ空気感を味わえます。

  

 

 


・大阪城公園を堪能した後は森ノ宮キューズモール


大阪城公園のほど近くに2015年4月に開業した森ノ宮キューズモールがあります。

大阪城公園を散策した後、カフェでまったりしたい方や、お腹がすいたのでガッツリ何か食べたいといった方もこの森ノ宮キューズモールなら公園のすぐ近くですし、ファミリーにもおすすめですね。

 


・まとめ


大阪城公園は大阪市民憩いの場であり、人気観光スポットでもあります。周辺には商業施設もあり、大阪の主要タウンである梅田、難波、天王寺からもアクセスが良いので観光で大阪を訪れた方にもおすすめスポットです。

大阪のホテルの口コミや料金を検索したいなら世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】で検索を。

 

今記事で桜について少し触れましたが、関西の人気桜スポットについても記事にしたいと思いますので、近々UPされればご一読よろしくお願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でホアルー ベトナムをフォローしよう!

日本の名所カテゴリの最新記事