様々な外資製造メーカーが進出しているベトナム。土地取得費用や人件費の安さが魅力となり、世界中から投資を呼び込む事に成功し、ハノイ・ホーチミン近郊には数多くの工業団地が点在しています。

加えてベトナムワーカーの器用さ、勤勉さ(一概には言えないが)も相まって、ベトナムはアジアを超えて世界のビジネス投資先としてその魅力度を年々増しています。

 

しかし、ベトナムの裾野産業(資材や部品の供給会社)は以前未成熟なままで、ベトナム進出メーカーの悩みの種になっています(良質なサプライヤーが少なく中々取引できないので、自国からの部品供給に依存している面が大きい)

裾野産業であるからして、その担い手は中小企業が多く、資金力や技術力に難がある企業多いのが現状で、中々裾野産業に発展の兆しが見えてきません。

 

韓国勢(サムスン・LGなど)は自グループのサプライチェーンごと進出するといった力技で対応していますが、巨大な資本グループでないとそういった資金力を活かした進出も中々に難しいと思います。

 

 

 

実は、実体経済にとって裾野産業の発展は一つのキーポイントであり、日本であれベトナムであれ国民の多くは中小企業での勤務となるのです。

地元の大企業の裾野を支える中小企業が活気づくと経済は活性化し、景気の好循環が生まれます。(パナソニック・シャープ・三洋が全盛のころの東大阪などは象徴的な例)

 

ベトナムにおいても、数多くの外資製造メーカーの進出によって、裾野産業を支える中小企業に技術と資金力さえあれば、受注を伸ばし大きく会社を飛躍させるチャンスがあるのです。

その中小企業を技術面や資金面でサポートし、下支えできるのは国の施策でしょう。あるいは日本型の経済発展ケースで言うと地元に根ざした大企業となります。

 

この局面で、ベトナム国内のサプライヤーを育てられるかどうかは、ベトナム製造業の20年・30年に関わってくる問題です。

ベトナム政府には中小企業を下支えする経済施策や資金援助策を講じて、ベトナム裾野産業に発展の足がかりを作ってもらいたいものです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でホアルー ベトナムをフォローしよう!

Similar Posts
Latest Posts from Vietnamアンカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です