ベトナムへ進出する企業が増え、ベトナムで日本メーカーの名前を目にする事も多くなりました。

また、これからベトナムへ進出しようかと検討されている企業さんもあるかと思います。そこで、メリットばかりがクローズアップされるベトナム進出のリスク面を考察してみたいと思います。

 


公共機関の承認・認可が必要な場合に賄賂が必要なケース


これはベトナムでのビジネスにおいて付いて回る問題です。ご存知の方も多いかと思いますが、ベトナムには賄賂文化が色濃く残っています。

健全な経営を心がけるなら賄賂は渡すべきではありません。しかし、賄賂をかたくなに拒否すると様々な手続きが滞る、もしくは遅れます。

しかし、何度も接触しなければならない公共機関の担当者などに続けて賄賂を渡すと、つけあがって法外な金額を要求してくるケースもあります。

 

そのあたりの押し引きが難しいのですが、現状でのベストな方法はベトナム現地の信頼できるビジネスパートナーがいればその人に公共機関などでの認可許諾業務をまかせるのも一つかと。

あくまで、”信頼”の置けるパートナーであることが条件ですが。どうしても日本人とその通訳者で公共機関での手続きを行うと、賄賂の相場などで手探りの状態からスタートです。

 

現地ベトナム人のビジネスマンであれば、各手続きの賄賂相場や申請からの許認可期間の短縮交渉など比較的スムーズにいきます。

まずは信頼できるビジネスパートナー(現地のベトナム進出コンサルティング会社なども有りかと)を確保してからの進出がベストです。日本と違って裏事情的なところで足踏みさせられることが多いので。

 


現地サプライヤーが未成熟であるリスク


これは先日の記事での内容と重複する部分もありますが、

 

 

特に製造業においては全ての必要部品を内製化するのは難しく、ある程度サプライヤーに依存するのが一般的なのですが、ベトナムはまだまだ裾野産業の発展が未熟で、良質なサプライヤーに巡り会うのが難しい現状があります。

資金力のある企業なら、サプライヤーを育てるという方針での外注が可能でしょうが、そういった企業はレアケースで、ベトナム進出に伴って、利益計画を2、3年後には黒字化を掲げている企業も少なくありません。

 

資金面でもシビアな状況での進出なので、良質なサプライヤーとの契約は製造メーカーにとっては重要なファクトなのです。

ベトナム政府側が裾野産業への支援策の拡充を行い、良質なサプライヤーの絶対数を増やすのがベトナム製造業の喫緊の課題と言っていいでしょう。

 


現地の優秀な人材を確保できないリスク


ベトナム進出においてはもちろん日本企業側のエース級の人材が法人立ち上げなどの職務に就くでしょう。

ですが、日本人に近い感覚を持つベトナム人といえどもやはり日本企業の常識が通用しないケースも多々出てきます。そんな時に日本人スタッフと現地ワーカーの橋渡し役的な調整役がいるといないでは全く違います。

 

その調整役を勤めるのに適材なのが日本に留学もしくは技能実習経験があるベトナム人です。日本企業の大まかな慣習や日本語もある程度理解できているとあれば、日本企業にとっては彼ら彼女らが優秀な人材にあたるでしょう。

その中でも、マネジメントや管理能力の素養がある人材ならベストですね。

そういった人材を確保できるかどうかもリスクヘッジに繋がりますし、確保できないこと自体がリスクと言っても良いでしょう。

 

日本へ渡るベトナム留学生や技能実習生は年々増加しているので、帰国したそれらの人材をいかに確保するかも進出計画に組み入れなければならないでしょう。

 


まとめ


ベトナム進出のコストメリットは以前より縮小していますが、コストメリット以上に他国に比較した場合の日本・ベトナムの文化的・慣習的な適合性が強みとなってくるでしょう。

より文化的な交流が深まればその強みも深まっていくでしょうね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でホアルー ベトナムをフォローしよう!

Similar Posts
Latest Posts from Vietnamアンカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です