近い将来 日本とベトナムの文化交流がより盛んになる

近い将来 日本とベトナムの文化交流がより盛んになる

 

ベトナム人実習生及び留学生の来日人数の増加に伴い、当然日本人とベトナム人の個人間での交流も増える事になります。

お互いの国のカルチャー・流行・言語など様々な分野での交流が進み、さらに日本とベトナムの関係が友好的になっていくでしょう。

 

歴史をひも解けば日本とベトナムの交流が盛んとなり始めたのは、朱印船貿易が盛んだった17世紀頃にまで遡ります。

以来、両国は浅からぬ関係となり近代史を共に歩んできました。

日本は敗戦国となって以降、ご存知の通り急速な経済発展を遂げ、世界第2の経済大国へと上り詰めます。一方のベトナムはフランス・アメリカといった列強と渡り歩き、激戦の歴史を刻みながら、今アジアの新興国として、近年目覚ましい経済発展を遂げています。

 

では今現在の文化交流の深度はいかほどかというと、具体的に日本でベトナムの人気歌手や俳優を知っている人は数少ないでしょう。逆もしかりで、ベトナムでも日本の人気歌手・俳優はそれほど認知されていません。(ベトナムでは韓流の方が人気がある)

ですが、観光先としてのベトナムは日本では広く認知され、今やアジア屈指の人気観光地となっています。特に、中部ダナン・ホイアンの人気上昇が目覚ましく、両国の文化交流にとっても喜ばしい事です。

 

 

また、ベトナム料理も日本人の口に合うものが多く、そのヘルシーなイメージも相まって、女性に特に人気となっています。

 

このように、文化交流の土台はしっかり出来上がっている日本とベトナム。近年の実習生・留学生の急増で、日本の文化に触れたベトナムの若者達がベトナムに帰国後、その文化体験を元にベトナム本国でより幅広く日本文化が広まって行く事でしょう。

近い未来に日本への観光ビザ発給要件の緩和が予想されるベトナムで、日本への観光旅行を望む人が増えていく事も予想されます。

実際にベトナム人中間所得層が気軽に日本へ観光旅行に来られるようになれば、爆発的に日本・ベトナムの文化交流が進み、アジアで最も友好的な両国になるのは間違いないと考えます。

その機会を見越して、今から日本・ベトナムの文化交流関連の事業を準備していくのも、時流にのったビジネス展開かもしれませんね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でホアルー ベトナムをフォローしよう!

べトナム情報カテゴリの最新記事