友人の大切さ

友人の大切さ

 

人間は一人で生きてるものではないので、どんな人でも、人と何らかの関わり合いを持ちながら生きています。

その関わり合いの中で、最も長く深く関わり合うのは家族です。

 

一言に家族と言っても様々な形がある中で、足を引っ張り合うというか、あまり良くない関係性の家族も世の中にはあります。

生まれ持って縁がある家族ですから、その縁を切るのも簡単ではなく、親兄弟に迷惑かけた・かけられたなんていう話もよくある事です。

人生で本当に辛い時、悲しい時。案外自分を救ってくれたのは、家族ではなく親友だったなんて事も多いのでは。

家族には心配かけたくないという気持ちがどこかに働くので、全てを打ち明けて相談するのもどこか足踏みしてしまう時があります。

ですが、親友ならどんなことも打ち明けられるという人も結構いると思います。

 

 

で、そういうなんでも打ち明けて相談できる親友がいるなら、自分の心の状態もその親友と話す事である意味推し量ることができるのです。

見栄も虚勢も張らずになんでも話せる親友なのに、そんな人にも自分を取り繕ったり、嘘をついてしまっているなら、心が病んでいるかもしれません。

 

現代社会はある意味雁字搦めのルールの中で、みんな窮屈に生きています。

ルールを無視して、突っ走れる人ってよっぽどの天才か、痛い人しかいません。

だからみんな多かれ少なかれストレスを受けながら生きて行きます。

そんなときに心のバロメーターにもなってくれる親友を持つ事は凄く大事ですね。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でホアルー ベトナムをフォローしよう!

雑記カテゴリの最新記事