パクチーなどの香草類が豊富で、生春巻きなどのヘルシーなイメージが女性にも支持されているベトナム料理。

実際に、ベトナムで普通にフォーやブンチャーを店で食べると、必ず香草がついてきます。

 

チャインと呼ばれるすだちに似た柑橘類もついてきて、ベトナム人は味のアクセントとして、フォーにチャインを絞って食べる人も多いです。

 

日本人が思い描くベトナム料理の代表格である生春巻きやフォーだけじゃなく、ベトナム人が本当に好きな料理って他にあるんですよね。

そこで、ベトナム人が本当に好きなベトナム料理をご紹介したいと思います。(ベトナム北部料理がメインですが)

 


ブンチャー


まあまずはこれですね、といった感じのブンチャー。

ブンというもちもちした素麺のような細麺を甘辛く味付けされたつけ汁につけて食べる、つけ麺のような料理です。

 

このつけ汁には、香ばしく焼かれたミンチ肉のパテが入っていて、甘辛いスープに肉汁がしみだして絡んでいて、これにもちもちの細麺を絡めて食べるとすごくおいしいですよ。

フォーよりブンチャー派という人が多いのも頷ける美味ですね。

フォーと同じくらい専門店も多い、ベトナム人のソウルフードと言っても過言ではないでしょう。

 

 


ヌックマムに漬け物(ズア・スン)


この目次の意味がわかる人は相当なベトナム料理好きですね(笑)

ヌックマムといえばベトナムの魚醤で、ベトナム料理に欠かせない食材ですね。

その匂いは強烈ですが、味は深みとコクがあり料理の隠し味やつけだれとして幅広く使われます。

いわゆる癖になる味ってやつですね。

 

で、そのヌックマムに漬け物をつけて、あつあつの白ご飯の上にのせて食べると最高です。

ここまでくると個人的な好みになりますが、ベトナムの漬け物の中でも、ズア(高菜)とスン(瓜科の小さな野菜)の漬け物とヌックマムの相性は抜群でしょう。

これは本当に、現地ベトナムの特に田舎の方じゃないとあまり食べれない代物ですが、一度はまると病み付きです(笑)

私もたまにズアやスンの漬け物を食べたいという強烈な衝動にかられる時があります。

もちろんベトナム人も本当に好きで、特にスンは技能実習生や留学生として日本で生活してる人の中でも、食べたい衝動にかられている人も多いのでは。

 


アヒル肉のタケノコ煮


ベトナムでも鶏肉はすごく消費量が多いのですが、ベトナム人が特に好きなのは、アヒル肉をたけのこと一緒に煮て、ヌックマムにつける食べ方です。

ベトナムでは、アヒル肉は少し値段が高く、普通の鶏肉より上質とされています。

自然の中で育ったアヒルは肉質に弾力があり、かつ旨味が強いので、確かに普通の鶏肉より高価なのも納得ですね。

 


タニシ


ベトナム人は意外と貝好きが多いです。

中でもタニシは昔からよく食べられていて、友人達とビール飲みながら、つまみ感覚で食べる感じですね。

小さい三角形の金属片で上手に中身をすくいだしながら、結構な勢いで食べますよ。

味は塩茹でしてあるので、ほんのり塩味とほんのり貝の旨味がして、酒のつまみに良いですね。

街中の貝料理店で手軽に食べれるので、みなさんもベトナムを訪れたら食べてみては。

 

 


カインクア


ベトナム語でクアは「蟹」という意味で、カインはスープという意味です。

カインクアに入れる蟹は、淡水のサワガニで細かく砕いて、身の部分を濾してスープにします。

そのスープにトマトや野菜を入れて煮込み、ベトナムのもちもち細麺”ブン”をつけて食べます。

スープは蟹の出汁とトマトの酸味がマッチして、とても美味しいですよ。

ベトナムの方は夏にカインクアを食べて暑い夏を乗り切ります。味も良く栄養も満点なので、ベトナムの夏に欠かせない料理といった感じですね。

 

 

フォーや生春巻きがイメージとして定着しているベトナム料理ですが、今回ご紹介したものに限らず、ベトナムの地方それぞれに、名物料理がたくさんあり食の面でも観光客を楽しませてくれるベトナム。

みなさんも是非、ベトナムのいろんな地元のソウルフードに挑戦してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でホアルー ベトナムをフォローしよう!

Similar Posts
Latest Posts from Vietnamアンカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です