人間は考える生き物で、人それぞれに考えや主張があるべきで、その考えや主張は尊重されるべきです。

しかし、全ての人が他人を唸らせるような考えを持っている訳ではなく、稚拙な考えや主張を持っている人もやはり居て。

それでも、稚拙な考えや主張を尊重しなければならない場面もあります。

 

企業や組織内においても様々な考え主張があり、しかしある程度組織としての考え方のベクトルを統制しておかなければなりません。

組織で働く人は働く人で、組織全体の思考回路に全て合わせていては、主義主張のない人間になってしまいますし、何よりその組織が間違った方向に向かっている事を見抜けなくなります。

 

それは非常に怖いことで、組織内で思考停止したままでは、ある意味組織のいいなりになってしまい、そんな組織から革新的な何かが生まれる訳もなく、当然の事ながら停滞します。

 

組織の停滞のみならまだいいのですが、やがてそれが組織内ひとりひとりの成長の停滞に繋がってしまうと最悪で、人間としての伸びしろも奪われてしまっている状態になってしまいます。

そうならないように組織人であれば、考える事をやめず、常に思考回路を巡らし、革新的な何かを生み出せるような柔軟な考え方や主張を常に持っておくべきですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でホアルー ベトナムをフォローしよう!

Similar Posts
Latest Posts from Vietnamアンカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です