ベトナムでは近年、中国からの粗悪品や品質の悪い商品の流入が社会問題化し、ベトナム当局も規制に乗り出してはいるのですが、

中国からのそういった商品の流入を食い止めるには至っていません。

 

抜け穴的な商取引ルートはいくらでも存在し、完全に粗悪品流入をシャットアウトするのは不可能に近いでしょう。

そういった実情ですから、消費者は自分の身は自分で守るしかなく、安全で高品質な商品への需要が高まるのは当然の流れです。

 

例えば、田舎からハノイやホーチミンに出て仕事をしている人の中には、都市部の市場で食品を購入せずに、

自分の田舎の両親に、田舎の市場で食品を揃えてもらい、まとめて送ってもらっているという人もいます。

 

それだけ都市部の市場に流通している、安価な食品に信頼を置いていないという事なのです。

当然、都市部の飲食店などでも、中国から流入している食品を使用している店も多いので、質の悪い食品を口にしてしまうリスクがあります。

もちろん中国の商品が全て、質の悪いものという訳では決してありませんが、一部の劣悪な業者の所業によって、ベトナムでの中国製品への評価は最悪です。

 

ベトナムの方はMade in chinaを敬遠する傾向が顕著で、逆にMade in japanへの信頼感は高いです。

これからベトナムにビジネスで進出する企業にとっては、製品の安全・安心・高品質というのが、一つのポイントとなるのは間違いないですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でホアルー ベトナムをフォローしよう!

Similar Posts
Latest Posts from Vietnamアンカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です