ベトナム人技能実習生は受け入れ企業側には評価が高い

ベトナム人技能実習生は受け入れ企業側には評価が高い

 

失踪する人が多いというニュースや、窃盗に手を染めたといったニュースで、一般社会に少し悪いイメージが出来つつもあるベトナム人。

 

技能実習生として来日するも、受け入れ企業の技能実習生への待遇があまりにも悪すぎて、失踪に至っているというケースも多い中で、

やもすれば身勝手に失踪しているかのような報道も出てきていて、あまりにも実際の実習現場を反映していない報道で危機感を覚える事も最近多いです。

 

というのも、基本的にベトナム人技能実習生として来日してくる若者は、最初から失踪を目論んできている人間なんて本当に極々わずかな一部のベトナム人だけで、ベトナム人技能実習生のほとんどは、

真面目に実習先の企業で頑張って認められ、時間外労働(残業)をたくさんして、できるだけ稼いで帰国したいと思っています。(逆に言えば本当になんらかの技能を習得して、ベトナムに帰国後にそれを活かしてビジネスを立ち上げようと考える人の割合は、他の国の実習生よりも少ないのも事実です)

 

ですので、ベトナム人技能実習生は失踪する、窃盗に手を染めるといった単純な情報だけが独り歩きし、その背景を十分に考慮した上での報道になっていない事を危惧しているわけです。

大半のベトナム人技能実習生はまじめで、礼儀正しい子達です。ベトナムという国は儒教や祖先崇拝の考えが色濃く残っており、礼節を美徳とする文化もあるので、日本人の気質にも相性が良いです。

 

それは最近さらに増えている、実習受け入れ先の企業担当者も感じている事と思います。

 

先日も、とある技能実習における講習会で、受け入れ企業担当者の方が、「ベトナムの方は日本の若者よりも、よっぽど礼儀正しく勤勉で、良く働きますよ。物覚えも早く、また仕事を身に付けようとする前向きな気持ちを持っています」と仰っていました。

私も10年近く技能実習生達を見てきた立場から、この方の発言に賛同します。

私も日本の若者とベトナム人技能実習生の両方を企業内で何人も指導してきましたが、はっきりとベトナムの若者の方が物覚えが良く応用力もあり、前向きに仕事に取り組みます。

 

ですが、いくら日本の企業内で仕事を覚え、組織の中で頼られるような存在にまでなったとしても、実習終了後にベトナムに帰国し、ビジネスマンとして成功した子はごく僅かです。

それにはベトナムという国独特の社会の弊害や、資金調達の難しさなどがあり、そのあたりは後日に別記事であげていきたいと思います。

 

せっかく縁あって日本という国に実習に来て、出会った若者たちですから、帰国後に幸せになって欲しいという気持ちは間違いないですからね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でホアルー ベトナムをフォローしよう!

技能実習・特定技能カテゴリの最新記事