志を惚れ込まれる男になろう

いつの時代でも、たった一人の人間が時代の変革やうねりを起こした事などありません。歴史上の偉人や革命家には必ず付き従う人達がいて、その人達は偉人や革命家の志に惚れ込んでいたのでしょう。

ベトナム女性のキャリア意識

比較的東南アジア圏では女性の社会進出が進んでいると言われるベトナム。ですが、まだまだ女性の管理職への登用は進んでおらず、またベトナム女性もバリバリにキャリアを積みたいなんて人はまだ少数派です。

友人の大切さ

人間は一人で生きてるものではないので、どんな人でも、人と何らかの関わり合いを持ちながら生きています。その関わり合いの中で、最も長く深く関わり合うのは家族です。

ベトナム 軒先の哀愁と喜び

ベトナムのおじさん・おばさん方は軒先で座りながら、通行く人や街そのものを眺めます。まあ仕事を引退してやることもあまりないので、軒先でのんびりしながら近所の人達と世間話なんかしてるんでしょう。そんな感じでベトナムを訪れた時も軒先のおじさん・おばさん方を見ていると楽な生活でいいななんて思ってました。

東アジアに広がるベトナムのネットワーク

ベトナム人技能実習生や留学生が日本で増加している事は当ブログでも良くお伝えしています。それに伴い日本・ベトナム双方にとってのプラス面・マイナス面の影響が出てきています。こういった現状は日本だけでなく、ベトナム人実習生の実習先の国々(韓国・台湾など)でも同様です。

ベトナムで日本・ベトナム語の通訳を気軽に頼みたいなら オンライン通訳アプリJelly Talk

ベトナムへの旅行や駐在などで、ベトナムへ渡航する人が増えている日本。しかし、現地ベトナム語は発音が難しく、また発音によって言語の意味を使い分ける特徴があるので、なかなか外国人の習得が難しい言語です。ですが、旅行先やビジネスシーンでどうしても正確に意図を伝えたい場面は出てきます。急病やトラブル・ローカルの人気店を探すなど様々な場面で、現地の人との正確なコミュミケーションが必要となりますね。

ベトナム人実習生の不満

急速に来日人数が増えていくベトナム人実習生。私の住む大阪でも街中やスーパーで本当によくベトナムの人を見かけます。今現在、ベトナム人実習生を受け入れている、または受け入れを検討している企業の方に少しでも参考になると考え、ベトナム人実習生が日本での実習でどんな点に不満を持つのか纏めてみます。

ベトナムのビジネスマンはリスクをとる

ここ数十年の経済成長著しいベトナム。経済が成長すればそれだけビジネスチャンスも生まれるものです。日本の若い世代は安定志向が強く起業意識が低いと言われますが、ベトナムはどうかというと、資金さえあれば自ら起業したいと考える若者も多いです。

ベトナムのお茶事情

日本でお茶といえばやっぱり緑茶ですよね。緑茶と同義語で日本茶という言葉が使われているぐらいですからね。ベトナムでも特に北部では緑茶が好んで飲まれていて、家庭内でもティータイムに緑茶を楽しみます。

ベトナム北部最大の港湾都市ハイフォン

ハイフォンといえばベトナム戦争の激戦地としてその名を思い出す人もいるでしょう。戦後ハイフォンは工業都市として開発され目覚ましい発展を遂げ、ベトナム北部最大の港湾都市となりました。かなりの規模を誇る都市なのに、日本人にはそれほど知名度がない。そんなハイフォンについてご紹介したいと思います。

外交面から見るベトナムの立ち位置

有史より中国からの侵略をたびたび受けながらも屈せず、フランスに統治されながらもついにはそのフランス支配からの独立を自ら勝ち取り、近代ではアメリカにもベトナム戦争で事実上勝利したベトナム。小国でありながら、大国である米・中・露との微妙な関係性を保ちつつ、したたかに東南アジアの枢軸国としての地位を固めつつあります。

ベトナム進出ビジネスにおいてのリスク

ベトナムへ進出する企業が増え、ベトナムで日本メーカーの名前を目にする事も多くなりました。また、これからベトナムへ進出しようかと検討されている企業さんもあるかと思います。そこで、メリットばかりがクローズアップされるベトナム進出のリスク面を考察してみたいと思います。